アビゲイル・ブレスリン(Abigail Breslin) photo : Getty Images

4月は性的暴行防止月間(Sexual Assault Awareness Month)。アビゲイル・ブレスリンがインスタグラムにメッセージを投稿、性的暴行にあった過去を告白している。

毎年4月は性的暴行防止月間(Sexual Assault Awareness Month)。性暴力の被害者をサポートし、性的暴行を黙って容認しないように訴えるキャンペーンが毎年各国で行われている。

アビゲイル・ブレスリンは今週、インスタグラムにあるメッセージ画像をアップ。そこには「交際している人とセックスしなくてはいけないという義務はない。デートは同意ではない。結婚は同意ではない」という言葉が。交際中の恋人や配偶者であっても、同意のないセックスは暴力であると訴えている。 またアビゲイルは「私を攻撃した人を知っている。#breakthesilence(沈黙を破って)」とコメント、彼女自身も性的暴行の被害にあったことを告白している。

キャンパスレイプの撲滅に取り組むレディー・ガガを始め、性的暴力の被害者の支援に立ち上がるセレブも多い。その1人として声を上げていってくれそうなアビゲイル。今後の活動にも注目していきたい。

 

i knew my assailant.  #SexualAssaultAwarenessMonth #breakthesilence

Abigail Breslinさん(@abbienormal9)がシェアした投稿 - 2017  4月 10 10:47午後 PDT

courtesy of Abigail Breslin via Instagram

text : Yoko Nagasaka