岩合光昭の猫フォトエッセイ『世界のねこみち』発売、世界中の猫を撮影

写真拡大

動物写真家・岩合光昭による猫フォトエッセイ世界編『世界のねこみち』が、2017年4月20日(木)に発売される。

『世界のねこみち』は、動物写真家・岩合光昭がヨーロッパ・アフリカ・アメリカ・オセアニア・アジアと世界5大陸を股にかけて旅しながら出会った、自由気ままな猫たち姿を撮り収めたもの。

ページをめくると、トルコの湖で見事な泳ぎを披露するオッドアイや、モロッコの「青の迷宮」で挨拶を交わすオスたちなどが現れる。

イタリア・アルベルベッロの“とんがり帽子”を背景に、まるで「あっかんべ」をしているかのようないたずらっ子も。毛づくろい中に長毛が舌に絡み、飲み込もうと必死な形相になってしまったようだ。

このほか、ガラパゴスでのイグアナとの対決、インドネシアのカリマンタンでオランウータンと共存など、猫のいる絶景が映し出された。

さらに、8時間に及ぶ岩合の“猫撮影”に密着した、撮り下ろしルポも収録。猫との距離が近い、愛情いっぱいの写真の秘密に迫った一冊となっている。

なお、岩合光昭の新作写真展「ねこの京都」が2017年5月3日(水・祝)から15日(月)まで日本橋三越本店で、2017年5月18日(木)から6月4日(日)までJR京都伊勢丹にて開催されるので、猫好きの人はこちらもぜひチェックしてほしい。

【詳細】
『世界のねこみち』
岩合 光昭  
発売日:2017年4月20日(木)
価格:1,512円(税込)


[写真付きで読む]岩合光昭の猫フォトエッセイ『世界のねこみち』発売、世界中の猫を撮影

外部サイト

  • 銀座 蔦屋書店&スターバックス リザーブ バー「ギンザ シックス」に登場、6万冊のアート本
  • 有村架純・広瀬すず・二階堂ふみ他人気女優35人を撮影、奥山由之写真展「君の住む街」表参道ヒルズで開催
  • 「蜷川実花 うつくしい日々」を原美術館で - 父・幸雄の死に向き合う日々を撮影した写真展