メラニア・トランプ&ドナルド・トランプ

ユーゴスラビア出身の元モデル、メラニアは、2005年1月22日、34歳で26歳年上の大富豪ドナルド・トランプと6年間の交際を経て結婚。セレモニーはフロリダのパームビーチにあるBethesda by the sea Episocopal Churchで執り行い、パーティは、トランプ所有の別荘“マー・アー・ラゴ”へ移動して盛大なパーティを開催。メラニアが着用したのは、1500以上のビーズやパールが手刺繍で施された、クリスチャン・ディオールの豪奢なシルクドレス。ブーケは持たず、代々受け継がれてきた家宝でもあるビーズロザリオを手に巻きつけたスタイルに、薬指には眩しすぎてくらくらするようなグラフのダイヤモンドリング。大量の白バラとあじさいで広大な会場を埋め尽くし、ヴェルサイユ宮殿風の設えにしたのは、多くのセレブ婚を手がけるパーティデザイナーの第一人者プレストン・ベイリー。180cmのメラニアと190cmのドナルドが披露した圧巻のファーストダンス。BGMは、プッチーニ作曲のオペラ、トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」だったとか。面白すぎるほど超絶華麗!

マーラ・メイプルズ&ドナルド・トランプ

女優のマーラ・メイプルズとは、1993年12月21日に結婚。当時ドナルド・トランプが所有していたニューヨークの“プラザホテル”内のグランドボールルームにて、1000人のゲストを招いてパーティは行われた。マーラが着用したのは、キャロリーナ・ヘレラによるオフショルダーの意外なほどシンプルなマーメイドドレス。この結婚式のたった2ヶ月前にティファニー・トランプを出産したばかりとは思えぬスレンダーボディにも驚き!200万ドル(2億超え)のダイヤモンドティアラ(レンタルとの噂あり)を頭上に輝かせ、たっぷりとボリュームをもたせたチュールヴェールをオン。シューズはマノロ・ブラニクをチョイスした。手には、淡いパープルピンク系の小さめなローズブーケを持ち、ド派手な衣装を期待したパパラッチはちょっぴり肩透かしになるほど控えめな印象。ただ、パーティ会場は期待通り!白い蘭尽くしの豪華な空間には、精巧なフローラルケーキで有名なシルヴィア・ワインストックによる2m弱のバニラクリームケーキがそびえ立ちゲストを圧倒。ちなみに、マーラの7.45カラットのエンゲージリングは、離婚後30万ドルでオークションに売りに出されたとか。

イヴァンカ・トランプ&ジャレッド・クシュナー

ドナルド・トランプと最初の妻、イヴァナとの間に生まれた長女イヴァンカは、2009年10月25日に、ニュージャージー、ベッドミンスターの “トランプ・ナショナルゴルフクラブ”にて、いまでは大統領上級顧問への就任を果たしたジャレッド・クシュナーと結婚。ウエディングドレスは、憧れのグレース・ケリーに着想を得たと言われる、デコルテまわりのレース使いが美しいヴェラ・ウォンのドレス。ブーケは、“エアリー”にしたい、とのイヴァンカの要望を叶える白いバラとシタキソウをミックスしたラウンド型に。リングは、自らのブランド、イヴァンカ・トランプ・コレクションから最高級のダイヤモンドリングを選び抜いた。パーティデザイナーは、父の結婚式と同様にプレストン・ベイリーに依頼。彼お得意のシーリングフラワーが素晴らしすぎるデコレーションは、おみごと!の一言。また、彼女の取り巻きでもあるブライズメイドたちのドレスは、すべてキャロリーナ・ヘレラで統一。This is America!の極みを体現したセンスフルなウエディングだが、唯一、ジャレッドのパーフェクトなタキシードは、ブリオーニのお誂え、というイタリア製だったとか。