ヘルシー食材を使って、しっとりしたケーキが作れるとしたら? おいしくなるうえに、脂肪分もカットできるので、さっそく試してみるべき。

ケーキはもちろん焼き菓子全般を作るときに、バターやオイルの代わり、もしくは一部を置き換えられるヘルシー食材がある。それは、ヨーグルト。バターミルクやサワークリームを使うのもおすすめだそう。『グッド・ハウスキーピング』の料理ディレクター、ルーシー・ジェソップさんによると、脂肪分を減らせるだけではなく、バターを使うよりも濃厚でリッチな味わいにもなるという。
「生地に含まれる空気量が少なくなるので、普通のケーキよりも濃厚でどっしりした質感になります。また生地にほんのり酸味が加わるので、甘さも和らげてくれるのです」
 
>次ページでは、そのレシピを伝授! 

一番手軽なのは、バターやオイルの分量を半分にし、減らした分の1/2量をギリシャヨーグルトで、残りの1/2量をプレーンヨーグルトに置き換える方法。もしくは、バターとギリシャヨーグルトを1:1の割合で使ってもOK。つまり100gのバターを入れるレシピなら、バター50g、ギリシャヨーグルト50gのバランス。
 
ただ注意が必要なのは、バターやオイルをたくさん入れる生地の場合だ。それは、ヨーグルトのような水分の多い材料を多く入れると、生地が水っぽくなる危険があるから。だから、小麦粉を足して水分とのバランスをとる必要がある。ベストの配合にたどり着くまで試行錯誤がマストだが……。とにかく、ヨーグルトを活用すれば、いつもよりしっとりした食感のケーキが作れるので、ぜひ試してみて!

original text : Victoria Chandler translation : Yoko Nagasaka photo : Getty Images

>>UK版『グッド・ハウスキーピング』のオリジナル記事はこちら

※この記事は、海外のサイトで掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。