5月9日に投開票される韓国大統領選の立候補者たちのポスターがソウル近郊の水原で掲示されている。選挙には主要5政党の公認候補を含め、過去最多の15人が名乗りを挙げており、一列に張り出された候補者のポスターも歴代最長となった=20日、水原(聯合ニュース)
(END)

写真拡大 (全4枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の関係者は20日、大統領選(5月9日投開票)の主要候補の間で「主敵」の概念を巡り論争が起きたことを受け、北朝鮮を「敵」と規定しているとの立場をあらためて示した。

 同部が昨年12月に発刊した国防白書は、北朝鮮の核・ミサイル脅威を取り上げ「こうした脅威が続く限り、北の政権と軍はわれわれの敵だ」と記述している。国防白書は2004年版から主敵という表現を使っていない。同関係者は記者団に対し、主敵という概念を使っていないことについて「さまざまな不要な誤解を呼びかねないため」と説明した。
 19日夜に行われた主要政党公認候補5人によるテレビ討論会で、進歩(革新)系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補は「北はわれわれの主敵か」という保守系候補の質問に「大統領になる人の発言ではないと思う」と答え、物議を醸していた。文氏は選挙戦で、中道系「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補と支持率でトップを争っている。
tnak51@yna.co.kr