高島彩アナウンサー

写真拡大

 20日に放送されたテレビ朝日系「徹子の部屋」(月〜金曜・正午)に、フリーアナウンサーの高島彩(38)がゲスト出演。番組冒頭、黒柳徹子(83)は、高島の夫・北川悠仁(40)がフォークデュオ「ゆず」として同番組に出演した際の“失言”を詫びた。

 「ご主人がゆずの北川さんで」と高島を紹介した黒柳は「いまだに本当に失礼しちゃったと思うの。ご存じだと思いますが」と前置きしてから、「お伝えいただきたいんですが、おふたりでいらっしゃったんです、初めて。2人はもう有名でレコードも出してらっしゃるのに、横浜で歌ってたって話を(聞いていたので)、終わりのところで『大丈夫、頑張れば絶対、今に有名になりますよ』って」と2003年にゆずが初めて出演した際の“失言”を謝罪。「みんなが、『黒柳さん、レコード何枚も出してますよ』って。エッって言ったんですけどもう遅かったんです」と話した。

 高島が「そこ(黒柳の発言)で、ル〜ルルって番組が終わっちゃったっていう」と笑いながら返すと、黒柳は「よろしく…。申し訳ないと」と平謝りしていた。

 高島は昨年次女を出産し、現在3歳と0歳の子育て真っ最中。北川は多忙でなかなか子どもとの時間がとれないが、そんな生活の中での「ルール」があるという。それは「初めてはパパさんと」で、沐浴(もくよく)や離乳食など、子どもの“初めて”は北川がやるようにしている。「直前まで段取りして、最後はパパにやってもらうという。『やったぞ』という満足感が男性にはあるみたいで」と話した。

 「主人が娘の面倒を見ているのを見ると、私は5歳で父を亡くしているので、もしかして父はこうして私に接してくれていたのかなと。そういう喜びもありますね」。俳優だった父・竜崎勝(かつ)さんは1984年、高島が5歳の時に44歳の若さで病気のため亡くなっている。北川と娘の姿に自身と亡き父を重ね合わせることをしんみりと語った。