米カリフォルニア州モハベ砂漠にある米航空宇宙局のゴールドストーン・ソーラーシステムレーダーが収集したデータで作成された小惑星「2014 JO25」の画像。NASA提供(2017年4月19日入手)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ピーナツのような形をした直径約650メートルの小惑星が19日、猛スピードで地球のそばを通り過ぎた。天文学者らが「大きな宇宙の岩」を間近で観察できる珍しい機会となった。

 欧米宇宙機関(ESA)によると、「2014-JO25」と呼ばれる小惑星はグリニッジ標準時(GMT)19日午後0時20分に地球に最も接近し、その後、太陽系の中心から遠ざかる方向に進んでいる。

 AFPの取材に対してESAは、小惑星が地球と月の距離の約4倍にあたる、地球から180万キロの地点を通過したことに触れ、「地球にとって脅威ではない」と述べた。

 世界最大級の電波望遠鏡を有する米自治領プエルトリコ(Puerto Rico)のアレシボ天文台(Arecibo observatory)は同惑星の撮影に初めて成功。二つの大きな小惑星が結合したような形がとらえられた。
【翻訳編集】AFPBB News