羽田圭介が「ワレワレハワラワレタイ―」特別上映舞台あいさつに登場

写真拡大

4月20日(木)から4月23日(日)まで開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で、“特別上映作品”として上映される「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。」の舞台あいさつに、芥川賞受賞作家の羽田圭介が登壇することが決定した。

【写真を見る】「バス旅」では蛭子&太川の後を継いだ羽田圭介

「ワレワレハワラワレタイ―」は、木村祐一が笑福亭仁鶴から気鋭の若手まで107組の芸人にインタビューするドキュメンタリー作品。

人気芸人たちが、普段はほとんど明かすことのない、“芸人という人生”に対する葛藤やプライドをありのままに語っている。

2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐべくスタートさせたプロジェクトの第一弾だ。

■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。笑福亭仁鶴/ガレッジセール/スリムクラブ編」4月21日(金)夜7時40分:沖縄花月…登壇者=ペナルティ、野性爆弾、たかし(トレンディエンジェル)、横澤夏子、木村祐一

■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。今田耕司/東野幸治/ピース/オリエンタルラジオ編」4月22日(土)夜6時40分:沖縄花月…登壇者=板尾創路、レイザーラモンRG、椿鬼奴、NON STYLE、木村祐一、羽田圭介

■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。ザ・ぼんち/博多華丸・大吉/山口智充/渡辺直美編」4月23日(日)昼2時40分:沖縄花月…登壇者=ぼんちおさむ、品川祐、ライス、おかずクラブ、岡崎朋美、木村祐一