「エアフリーコンセプト」を用いた新しいデザインの自転車用次世代タイヤ

株式会社ブリヂストンとブリヂストンサイクル株式会社は、樹脂やゴムを使った特殊な構造で、空気充填を必要としない自転車用次世代タイヤの開発を進めている。

 

タイヤの空気充填を不要とする技術「エアフリーコンセプト」は、タイヤ側面に張り巡らせた特殊形状スポークで荷重を支える構造によって実現する。タイヤに空気の空間が無いのでパンクの心配はなく、スポークに使用する樹脂のデザインの自由度を最大限に活かし、斬新なデザインのタイヤも可能になっている。

これまでの発表では、自動車用の「エアフリーコンセプト」の開発が明らかになっていたが、今回、自転車用次世代タイヤとして2019年の実用化を目指していることも発表されている。

第2世代として発表された「エアフリーコンセプト」

同社では、今後、イベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」(福岡県久留米市・4月30日、横浜市・6月4日)などで、「エアフリーコンセプト」を用いたタイヤを装着した自転車の試乗会を開催するとしている。

 

発表資料

URL:http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2017041701.html

2017/04/20