「instax SQUARE SQ10」

富士フイルム株式会社は19日、インスタントカメラinstax「チェキ」シリーズ初となる、デジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載した新ラインアップ、ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」と専用スクエアフォーマットフィルム「instax SQUARE Film」を5月19日から発売開始すると発表した。

 

本製品は、デジタルカメラとインスタントカメラの二つの機能を有したハイブリッドインスタントカメラ。デジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術、カメラ背面のLCDモニター(3.0型TFTカラー液晶モニター 画素数:約46万ドット)搭載により、自動露出調整、人物検出、オートフォーカスなどの撮影機能が使用可能になった。

写真画像の編集・加工、プリントなどの操作結果はLCDモニターで確認できる。

また、写真表現や画質にもこだわり、カメラ背面の操作部上部に配置した3つのボタンにフィルター機能、ビネット調整機能、明るさ調整機能を振り分け、色味や彩度の異なる10種類のフィルターに加え、画像の周辺部分の光量を19段階で調整できるビネット、19段階の明るさ調整を自由に選ぶことができる。

フィルムはアスペクト比1対1で独特なプリントの風合いが楽しめる「instax SQUARE Film」を採用。色や彩度、明るさの変更に対応している。本体メモリーやメモリーカードに記録されている画像なら、リプリントも可能。

 

ほかにも、シャッター2回押しで1枚のフィルムに2つの画像を重ねられる二重露光や、夜景や光跡を撮影できるバルブ撮影にも対応し、これまでのチェキになかった、幅広い撮影シーンに対応が可能だ。

主なスペックは以下の通り

撮像素子:1/4型CMOS 原色フィルター採用

記録画素数(ピクセル):1920×1920

記録メディア:内蔵メモリー、microSD/microSDHCメモリーカード

記録枚数:内蔵メモリー約50枚、microSD/microSDHCメモリーカード:1GBあたり約1000枚

焦点距離:28.5mm固定(35mmフィルム換算)

絞り:F2.4

シャッタースピード:1/29500秒〜1/2秒(自動切換)、バルブモード最大10秒

撮影感度:ISO 100〜1600(自動切換)

セルフタイマー:約10秒/約2秒

プリント画面サイズ:62mm×62mm

プリント画素数:800×800ドット

プリント可能枚数:約160枚(フル充電から)

充電時間:約3〜4時間(0.5A USBポート使用時)

サイズ:119mm×47mm×127mm(W×D×H)

重量:450g(フィルムパック、バッテリーを含む)

 

価格は同社の直販公式ショップ「富士フイルムモール」で3万1860円。

専用のスクエアフォーマットフィルム「instax SQUARE Film」は同1350円(各税込)。

富士フイルム株式会社
価格:税込
「instax SQUARE SQ10」3万1860円
「instax SQUARE Film」1350円
URL:http://fujifilmmall.jp/shop/g/g16552574/?_ga=1.149382198.1464999472.1492597044
2017/04/20