及川光博

写真拡大

 歌手の及川光博が20日、日本テレビ系「PON!」に生出演し、妻で女優の檀れいから任されている家事分担について明かした。また47歳となり、腰痛と逆流性食道炎に悩まされているという、“王子”らしからぬ悩みも明かした。

 番組に登場した及川は、日本テレビの青木源太アナから「王子様、及川光博さんです!」と声を掛けられると「いやいやいや。王子様じゃない。元王子です」と47歳という年齢を意識して、自虐気味にコメント。それでもMCの岡田圭右から「王子ですよ、現役ですよ」と言われ照れ笑いを浮かべていた。

 及川の妻・檀れいは昨年10月に同じコーナーに登場し、自宅での及川について「王子ですのでね。でも率先してお皿を洗ってくれたりします」と家事を手伝ってくれることを明かしていた。

 そのため、この日も改めて及川にどんな家事を手伝うのか質問が飛ぶと「電球を取り替える。あとは氷係。製氷機でね。氷を作る。元王子自らね」と、皿洗い、電球取り替え、製氷という家事は及川担当であることを明かしていた。

 また及川は腰痛と逆流性食道炎に悩まされているというリアルな47歳の現実も吐露。腰痛については「あれだけステージで踊っているとさすがにくる。なので終演後の打ち上げは掘りごたつがいい」と話し、岡田は「やめて〜、ミッチ〜!」と絶叫。

 また逆流性食道炎は「時々ですよ」と念を押したが、「ストレスもあるかもしれないけど、やっぱり夜中の揚げ物だよね」と原因を説明。「だって昔のままの気持ちでちょっと酔ってくると揚げ物いっちゃう」と話し、またも岡田を絶叫させていた。