(c)Les Films Pelleas, Les Films du Belier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

写真拡大

 『スザンヌ』のカテル・キレヴェレ監督最新作『あさがくるまえに』が9月16日に公開されることが決定した。

参考:「哲学の劇場」山本貴光×吉川浩満が『未来よ こんにちは』を語る 吉川「人生は哲学的テーマの連続」

 本作は、2003年に出版されたメイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説を映画化したヒューマンドラマ。友人たちとル・アーヴルにサーフィンに出かけた帰りに自動車事故を起こし脳死状態になったシモンや、心臓疾患を抱えパリで臓器提供を待つクレアら、心臓移植という“命のやりとり”に直面した家族、恋人たち、医者たちの心の揺れや葛藤を描く。

 キャストには、『ダゲレオタイプの女』のタハール・ラヒム、『毛皮のヴィーナス』のエマニュエル・セニエ、『Mommy/マミー』のアンヌ・ドルヴァルらが名を連ねている。(リアルサウンド編集部)