芦屋市谷崎潤一郎記念館で開催される、文豪ストレイドッグスとのコラボ展は、2016年に続き第2弾となる/(C)2016朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会 (C)2017朝霧カフカ・春河35 発行:株式会社KADOKAWA

写真拡大

 近代文学の文豪たちがバトルアクションを繰り広げる、原作・朝霧カフカ、漫画・春河35の「文豪ストレイドッグス」が、芦屋市谷崎潤一郎記念館(兵庫県芦屋市)とのコラボ展「文豪ストレイドッグス×芦屋市谷崎潤一郎記念館コラボ第2弾」を4月26日(水)〜6月25日(日)に開催する。

【写真を見る】「文豪ストレイドッグス×さいたま文学館コラボ」は、先着でオリジナルクリアファイルのプレゼントも/(C)2016朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会 (C)2017朝霧カフカ・春河35 発行:株式会社KADOKAWA

2016年10〜11月に好評を博したコラボ展の第2弾として、谷崎潤一郎とナオミのほか、芥川龍之介、江戸川乱歩、泉鏡花ら人気キャラクターの活躍シーンをパネルで展示する。2016年秋に放送されたアニメ2期や最新コミック第12巻のシーンもふんだんに登場する。それに加えて春河35が描き下ろした、谷崎とナオミのオリジナルイラストなど新たな内容で展示され、また描き下ろしイラストのクリアファイルも販売される。

また、4月26日(水)〜5月21日(日)は、さいたま文学館(埼玉県桶川市)でも「文豪ストレイドッグス×さいたま文学館コラボ」が開催される。こちらは、中島敦、太宰治、田山花袋といった、埼玉県にゆかりのある文豪の展示のほか、中島敦&太宰治のアニメ描き下ろしイラストの展示や、先着でオリジナルクリアファイルのプレゼントもある。またコラボキャンペーンオリジナルグッズ「さいたま文学館コラボ缶バッジ2種&ポストカードセット」を販売する。【ウォーカープラス編集部/千束】