マツコ・デラックス

写真拡大

19日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスが、自身の芸能生活の「あがり」に恐怖した。

番組では、アンジャッシュの渡部建が「王様のブランチ」(TBS系)の新MCについたことが話題に。有吉は同番組MCこそが、渡部にとっては「すごろくで言うところのあがり」なのだと力説していた。

それを聞いたマツコは途端に両手を胸を当てながら「うわぁ…って思っちゃった」「『あがる』って怖い!気をつけよう!」と芸能生活の「あがり」を恐れ始め、画面外のスタッフに向かって「あたし、何が終わり!? 言ってよ!」と問いただし始めた。

マツコ自身の考える「あがり」は、パチンコ台のキャラクターになることなのだとか。有吉がそこで「そりゃもう、『ズバリ』言い始めたら」「人に改名迫ったりし始めたら」だと断言したのだった。マツコもこの断言で特定の人物を想起したのか「何だよ! 他に言い方あるだろうよ!!一個しかねーじゃねーかよ」とツッコみ、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
マツコ・デラックス「未来予想図II」発言をドリカム・中村正人に謝罪
マツコ・デラックス 番組スタッフを「恫喝」するワケ「これでいいと思ったら終わり」
マツコ・デラックスがあいさつで股間を触るジャニーズタレント