地球から40光年先にスーパーアースを発見 生命存在の可能性が有望視

ざっくり言うと

  • 天文学者チームが19日、地球から40光年先でスーパーアースを発見したと発表
  • 太陽系外の生命体を探索するために、最も期待される惑星だという
  • 生命の要素である水が存在すれば、生命存在の可能性が有望視される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング