WOWOWプライムで生中継する「第71回トニー賞授賞式」で、案内役を務める宮本亜門

写真拡大

6月12日(月)朝8時より、WOWOWで独占生中継されるトニー賞授賞式。案内役を務める宮本亜門、八嶋智人、そしてスペシャル・サポーターの井上芳雄からコメントが届いた。

【写真を見る】第70回トニー賞授賞式より/Getty Images

トニー賞は、アメリカ・ニューヨークのブロードウェイで上演された演劇、ミュージカル作品を対象に贈られる賞で、アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされている。

宮本、八嶋、井上の3人は、日本のスタジオから授賞式を紹介。スターたちの共演による圧巻のパフォーマンスが展開されるなど、式自体がショーとなっているこの祭典の楽しみ方を、視聴者へ伝えていく。

■宮本亜門 コメント

現在の激動のアメリカで、人種を超えて色々な人に感動を与えてきたブロードウェイが、あらたに作品を選ぶという事にすごく意味があると思います。今年のトニー賞は、次のアメリカを象徴するものになるのではないか、いつも以上に興奮に満ちたトニー賞授賞式になるでしょう。

■八嶋智人 コメント

毎年、案内役はしておりますが、最前線で知ることができる観客として楽しみにしております。今年も多くのいい作品を、出演者の皆さまと楽しくお伝えできたらいいなと思っております。

■井上芳雄 コメント

今年もトニー賞授賞式の季節がやってきます! 3月には東京で、初のトニー賞公認コンサートもやらせて頂き、僕自身もブロードウェイの風を確かに感じました。僕たちも追い付け追い越せの気持ちを持ちつつ、素晴らしい新作を楽しみ、賞の行方を見守りたいと思います。また歌っちゃったりもするかも!? 是非ご覧下さい!