宮本亜門、八嶋智人、井上芳雄

写真拡大

WOWOWで今年も独占生中継される、演劇、ミュージカルの世界における世界最高峰のアワードであるトニー賞授賞式。アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされる同賞の第71回授賞式は、6月11日にニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催される。

日本のスタジオから伝える案内役は宮本亜門と八嶋智人、そしてスペシャル・サポーターは井上芳雄が務めることに。授賞式の楽しみ方を紹介していく3人からコメントが到着している。「現在の激動のアメリカで、人種を超えていろいろな人に感動を与えてきたブロードウェイが、新たに作品を選ぶということにすごく意味があると思います。今年のトニー賞は、次のアメリカを象徴するものに、いつも以上に興奮に満ちたトニー賞授賞式になるでしょう」と宮本。八嶋は「毎年、案内役はしておりますが、最前線で知ることができる観客として楽しみにしております。今年も多くのいい作品を、出演者の皆様と楽しくお伝えできたらいいなと思っております」と意気込みを示した。さらに井上が「今年もトニー賞授賞式の季節がやってきます! 3月には東京で、初のトニー賞公認コンサートもやらせていただき、僕自身もブロードウェイの風を確かに感じました。僕たちも追いつけ追い越せの気持ちを持ちつつ、素晴らしい新作を楽しみ、賞の行方を見守りたいと思います。また歌っちゃったりもするかも!? 是非ご覧ください!」と、冗談(?)を交えながら述べている。

授賞式の司会を務めるのは、ドラマファンには『ハウス・オブ・カード 野望の階段』でおなじみのケヴィン・スペイシー。アカデミー賞で『ユージュアル・サスペクツ』で助演男優賞、『アメリカン・ビューティー』で主演男優賞を受賞したケヴィンは、トニー賞では1991年にニール・サイモン演出の『ロスト・イン・ヨンカーズ』で演劇部門の助演男優賞に輝いている。演技だけでなく歌、ダンスも見事にこなし、監督、プロデューサーなどとしての顔も持つ才人の彼が、どんなホストぶりを見せてくれるのか注目だ。

毎年、豪華スター競演による圧巻のパフォーマンスが展開され、授賞式自体がクオリティーの高いショーになっているトニー賞授賞式は、WOWOWプライムにて6月12日(月)8:00より生中継。字幕版は6月17日(土)19:00より放送となる。(海外ドラマNAVI)