写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JALは、4月17日から28日までの間、オムロン社の「LDシリーズ」を活用した手荷物搬送支援の実証実験を福岡空港国内線ターミナルにて実施している。「LDシリーズ」は、人と同じ環境で作業することを前提に作られたモバイルロボットで、人や障害物を検知の上、ぶつからない進路を自ら選んでゴールまで向かうことができる。

今後サービス分野で幅広くロボットが活用されることが予想され、空港でもロボットを使用した効率化やサービス向上が期待される。本実験では今後も増加が予想される、車椅子の利用者やベビーカーの利用者などを主眼に、空港内でのさらなる安全の確保と手荷物を搬送する負荷の軽減を試みる。実証実験の具体的内容は、飛行機の利用者が到着した際、手荷物を最寄りの交通機関までロボットが搬送するケースをメインに、ロボットが同じ経路を移動するというもの。

(田中省伍)