『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(c)Universal Pictures

写真拡大

 トム・クルーズ主演作「The Mummy」が、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の邦題で、7月28日より公開されることが決定し、あわせて予告映像とティザービジュアルが公開された。

動画はこちら

 本作は、1932年の映画『ミイラ再生』を『トランスフォーマー』『ミッション:インポッシブル』シリーズのアレックス・カーツマン監督がリメイクしたアクション・アドベンチャー。古代エジプトで、棺に封印されてしまった王女アマネットが、二千年の時を経て目覚め、世界を恐怖の底に引きずり込む模様を描く。

 主演を務めるクルーズのほか、キャストには、王女アマネット役で『スター・トレック:BEYOND』のソフィア・ブテラ、物語の鍵を握るジキル博士役で、『レ・ミゼラブル』のラッセル・クロウ、トム・クルーズとともに行動する考古学者役で『バトルフィールド』のアナベル・ウォーリスらが名を連ねる。なお、中東での銃撃戦や、実際に無重力で行われた飛行機シーンの撮影など、アクションスタントのほとんどをクルーズ自身が行なっているとのこと。

 このたび公開された予告編は、中東の砂漠でアラブ風の民族衣装に身を包み、「アドベンチャー魂はどこいった?」と、地図を手に双眼鏡をのぞきこむニック(トム・クルーズ)の姿から始まる。爆撃で崩落した街の地面から現れる古代遺跡と棺や、古代エジプト時代の王女と前にそびえるピラミッド、墜落する飛行機、死から蘇るトム、砂嵐に襲われるロンドン、この世に復活し憎悪の表情を浮かべるアマネット、謎の地下水道、次々に襲ってくるミイラなど、古代エジプトと現代ロンドンを舞台に繰り広げられるアドベンチャーの模様を収録。また、王女の棺が見つかった場所が“お墓ではなく、牢獄”であることや、飛行機の墜落により一度死亡した主人公が再び目覚め、「君は生かされた 選ばれたのだ」と告げられるなどシーンも。

 一方のティザービジュアルには、「そこには“邪悪が眠る”」というキャッチコピーとともに、厳重に保管された古代エジプトの文字が刻まれている石棺が捉えられている。(リアルサウンド編集部)