情に訴えかけ作戦!?男性のタイプ別・告白成功のコツ

写真拡大



こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

告白の言い方やタイミング、セリフなど、どんな風に伝えようか迷うものですが、実は、相手のタイプによって、告白を成功率をUPさせるコツがあります。

もちろん、それまでの積み重ねも大事ですが、伝え方で告白が成功する確率は上がるのです。

今回は、彼のタイプ別、告白を成功させる4つのコツについてお伝えしていきます。

■1.俺サマ系男子には、自信をもってストレートに!

自信家でいつも自分中心な俺サマ系男子には、ストレートに告白しましょう。

細かい説明はいりません、「あなたのことが好きです」と短くストレートに言うのです。長々伝えれば伝えるほど、このタイプの男性はイライラしてきます。また、自信のある態度が、このタイプにはグッとくるので、堂々と言った方が良いです。

時には、自分のメリットも伝えてみるといいです。「私と付き合うとこんないいことあるから(笑)」と笑顔で言ってみましょう。なかなか、そんなふうに言う女性もいないので、彼も興味を示すはずです。

■2.友達のようなワイワイ系男子には、一目ぼれをアピール!

一緒にいて、友達のような感覚のワイワイ系男子には、基本明るく爽やかに告白してみるといいです。

「付き合おう!」と明るく笑顔で、前向きな態度で告白すれば、その雰囲気から、「なんかいいかも」と思ってもらえます。

また、このタイプに有効な告白は、「一目ぼれ」と言う言葉を織り交ぜること。元々、このタイプは自分大好きな人が多いのです。

そのため、特別扱いされたい気持ちが多いので、「初めて会ったときから、一目ぼれだった」と言うだけでも、彼の心にグッと響きますよ。

■3.癒し系男子には、情を誘う

いつも話を聞いてくれる優しい男性には、情に訴えかけるような告白の仕方がいいでしょう。

たとえば、「友達でいるのが、だんだん、しんどくなってきた」「今まで黙っていたけど、もう我慢するのが苦しくなってきた」と辛そうな態度を出していくことです。

すると、このタイプはここまで自分のことを思っていてくれたのかと、感動するでしょう。あなたに対する印象が、ガラッと変わります。

ただ、言い方を間違えると、まるで相手を責めるような言葉になってしまうので、必ず「好き」と言う言葉を入れて、誤解されないように注意しましょう。

■4.理系男子には、ハッキリ伝え、強引さが必要。

理屈っぽく、分析屋の彼には、ハッキリと好意を伝え、強引に押し切るやり方が良いです。

たとえば、「付き合ってくれるかな?」と質問型の告白をすると、いろいろ考えすぎてしまい、結論を出せなくなります。ですから、「付き合おうよ!」と可愛くちょっと強引に押し切った方が良いのです。

その際ポイントは、ボディタッチをすること。相手に触れながら、強引に押し切ると、このタイプはついついOKと言ってしまいます。

■おわりに

相手のタイプによって告白の仕方を変えれば、あなたの恋もうまくいきます。ただ、どれも共通して大事なのが、真剣さ。明るく笑顔で、サラッと言うにしても、真剣な気持ちが大前提にあることが大事ですよ。今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)