4月19日のプレスデーから開幕した上海モーターショーにおいて、フォルクスワーゲンのコンセプトカー「I.D. CROZZ」が世界初公開されました。

SUVとクーペを融合させたという同コンセプトカーは、「モジュラーエレクトリックドライブマトリックス(MEB)」による「I.D.」シリーズの主力モデルという位置づけで、「SUV」と「EV」という、世界中で欠かせないキーワードを具現化したコンセプトモデル。

SUVであり、EVである「I.D. CROZZ」は、225kWの最高出力、180km/hの最高速度を実現しながら500km(NEDC:新欧州ドライビングサイクル)という航続距離を確保。急速充電にも対応し、わずか30分(150kWの直流電源)で80%までの充電が可能としています。なお駆動方式は4WDです。

冒頭で紹介した「モジュラーエレクトリックドライブマトリックス(MEB)」による高効率なパッケージングが最大の見所。

フォルクスワーゲンの主力SUVである新型「Tiguan L(中国)」、「Tiguan Allspace(ヨーロッパ)」よりもサイズは少し小さく、全高も低くなっていますが、同等の室内スペースが確保されているそうです。

「I.D. CROZZ」は、すでに発表されている「I.D.」と「I.D. BUZZ」と同様に、「MEB」の利点が活かされています。「MEB」モデルでは、前後のアクスルと駆動関連モジュールが、通常のガソリンモデルなどよりも離れているため、ロングホイールベースを実現。駆動系モジュールはコンパクトに設計されていて、バッテリーは車体のフロア下部に配置されています。

これらにより、多様なシートアレンジが可能で、さまざまな目的に合わせて広いスペースを作り出せます。広大で、使い勝手も考え抜かれた「オープンスペース」という考え方による実用性の高さもアピールポイントとしています。

フォルクスワーゲンは、2020年代半ばまでに、EVおよび電気駆動システムを大量生産の主力モデルまでに成長させるとしています。その中心を担うのが今回発表された「I.D. CROZZ」などの「MEB」モデルとなりそうです。

(塚田勝弘)

SUVでありEVであるコンセプトカー「I.D. CROZZ」をフォルクスワーゲンが世界初公開【上海モーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/04/20/465270/)