銀座には新ランドマークが続々(4月20日開業の「GINZA SIX」)

写真拡大

 日本の商業地のメッカともいえる東京・銀座に、新たな巨大複合ビル「GINZA SIX」(4月20日開業/地上13階、地下6階)がお目見えした。

 銀座6丁目にあった「松坂屋銀座店」跡地の再開発事業として進められてきた同施設は、区道を付け替えることで2街区を一体開発したため、敷地面積は銀座エリア最大規模。有名ブランドなど241店が集結した商業エリアに加え、ワンフロア面積が6000平方メートルと六本木ヒルズよりも広く、計3000人が勤務できるオフィスエリアを融合させたことからも、そのスケールの大きさがうかがえる。

 GINZA SIXの特色は、とにかく銀座らしく「一流」にこだわり抜いた点にある。仏クリスチャン・ディオールや伊フェンディなど海外の高級ブランドをはじめ、テナントの半数以上が、それぞれ企業やブランドを象徴する大型の「旗艦店」として出店。まさに富裕層を相手に“最高のクオリティを集積”した商業施設といえる。

 ターゲットは日本の富裕層ばかりではない。年々増加する訪日外国人客の取り込みを意識したつくりになっているのも特徴的だ。〈和〉や〈伝統〉をコンセプトにした逸品を揃えるテナントが随所に配置されているほか、地下3階に設けた「観世能楽堂」は大きな外国人でも座りやすいよう席幅を広げている。

 また、観光案内や手荷物預かりの機能をもった「ツーリストセンター」、大型観光バスの乗降場を設けたのも、外国人観光客が銀座を訪れた際のランドマークにしたいとの意気込みが表れている。

 だが、銀座エリアを見渡すとGINZA SIXに限らず、2020年の東京五輪に向けて、あちこちで再開発が進められており、顧客獲得合戦は一層熾烈になるだろう。

 商業施設ではすでに昨年3月に「東急プラザ銀座」が開業したほか、今年3月には旧プランタン銀座が新たな商業テナントビル「マロニエゲート銀座」に衣替え。6月には免税カウンターや電子決済システムを導入した生活雑貨専門店「ロフト」も銀座店をオープンさせる。

 そして、商業施設とともに整備が急ピッチで行われているのがホテルだ。銀座エリアでは、すでに明らかになっているだけでも2020年までに7軒の新規ホテル開業で1144室以上の客室増加が見込まれている。

 森トラスト、三井不動産、名鉄不動産、相鉄イン、ヒューリック……さまざまな企業がホテル開発に名乗りを上げる中で注目を集めそうなのが、自社所有の土地活用でホテル誘致を掲げる「朝日新聞vs読売新聞」の新聞社対決だ。

 経済誌『月刊BOSS』編集委員の河野圭祐氏がいう。

「朝日新聞は今年10月の竣工予定で、銀座6丁目の並木通りにある『銀座朝日ビル』を建て替えます。生まれ変わるビルは、低層階をブランドショップなどが入る商業施設フロア、3階以上は高級外資系ホテルの『ハイアット セントリック銀座東京』になります。

 一方、読売新聞も自社保有する銀座3丁目の旧プランタン銀座(現マロニエゲート)の裏手で、並木通りに面した区画の再開発にも乗り出します。こちらも朝日同様、低層は商業、上層はホテルとして利用するのを基本に、事務所用途としても使える造りにする計画です。

 同じ並木通り沿いの3丁目と6丁目に分かれ、読売と朝日のライバル新聞社がホテル事業で激突するのは興味深い展開といえます」

 いずれにせよ、新しい高級ブランドビルやラグジュアリーホテルが続々誕生することにより、歴史ある街並みが一変しそうな銀座──。果たして各事業者の思惑通りに収益を上げることができるのだろうか。

「銀座エリアの再開発は、五輪を見据えたインバウンド狙いで沸騰している状態ですが、外国人観光客の“爆買いブーム”が短期間で萎んだように、五輪特需が終わった後のモノ消費がどこまで旺盛に続くかは疑問です。

 そういった意味では、ホテルはサービスも含めたコト消費のポテンシャルはあるでしょう。しかし、銀座に進出したというだけでプレゼンスが高まり、多くのリピーターを囲い込めるほど生易しい時代ではありません」(前出・河野氏)

 経済だけでなく、東京の総合的な「都市力」を上げるためにも、銀座の再開発は重要な役割を担っている。