先日、爆笑問題・太田光が自身のラジオ番組で発言したことを受け、X JAPANのYOSHIKIがツイッターで謝罪。すると、18日放送のラジオ番組内で太田は再びYOSHIKIに触れ、「今さら別にね。あんまり気にしないでね」と、笑いのネタであることを伝え、気遣っていた。

 ことの発端は、11日放送のTBSラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』。そのなかで、X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』が取り上げられ、太田が「X JAPANには12時間待たされたからなあ」とボヤキの声で切り出し、「すごいよ、12時間待たすって。有り得ないよなあ、NHKでよぉ」と続けた。

 太田はさらに、X JAPANのプロフィールの生年月日欄に「X年X月X日」と書いてあったことを明かす。太田は「こいつらダメだな」との印象を持ったようだが、「そしたらあんなビッグバンドに」とし、田中も「そうだよ、世界的バンドになったよ」と相槌。スターダムにのし上がったX JAPANに驚きの声を挙げていた。

 この発言がネットニュースに取り上げられると、YOSHIKIは自身のツイッターで14日にコメント。「まじですかー」と驚き、「20年前、よく覚えてないけど、本当にごめんなさいー。。」と平謝り。さらに、「なんか理由があった事を祈ります。。..am, pm 間違えてたのかなー?」とも続け、自らの頭を掻いていた。

 そして、18日の『JUNK 爆笑問題カーボーイ』のなかで、太田はYOSHIKIがツイッターで詫びたことについて言及。太田は「YOSHIKIがなんか謝ったらしいじゃん」と切り出した。

 そして、太田は「でも、まるくなったんだね。『申し訳ない』って」とYOSHIKIが謝罪したことに驚いた様子。さらに、「覚えてないらしいね。あん時、大変だったよなあ、よく忘れられるなあ」とブリ返すと、田中は「わかんないけど」と話題を遠ざけようとした。

 太田は当時のエピソードを具体的に語りながら、12時間待って現れたYOSHIKIは、手を包帯でグルグル巻きにし、「『すいません。腱鞘炎になりました』って泣きながら現れたんだよな」と振り返り、その日の収録は中止になったという。

 ただ、太田が「今さら別にね。ネタでしか。あんまり気にしないでね」と話せば、田中も「全然怒ってないんですけどね。ネタで言ってるだけなんでね」とニュースとなり話題が大きくなったことに気遣いを見せ、スタジオからも爆笑の声が漏れていた。