写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●親に知られたくない! 10代後半のスマホ・タブレットロック率は8割
シマンテックは4月19日、日本のモバイルユーザーを対象としたセキュリティに関する意識調査の結果を発表。あわせて個人向けセキュリティブランド「ノートン」のモバイル向けセキュリティ「ノートン モバイルセキュリティ」のiOSに新機能を追加し、20日に販売を開始する。

○Androidタブレットは50.9%がロックせず

日本のモバイルユーザーを対象とした「パスワード管理に関する消費者意識調査」は、シマンテックが2016年7月22日〜31日の期間で実施したもの。スマホまたはタブレットを所有している全国の男女(年齢は15〜69歳)を対象としたインターネット調査で、合計3296サンプルの回答を得た。

これによると、サービスを利用するために必要な認証情報(IDとパスワード)に関しては、約半数(49%)が「使っている機器から漏えいする危険性を感じている」と判断している一方、27%のスマホユーザーは端末ロックをしておらず、Androidタブレットに至っては50.9%のユーザーがロックをしていないという。

これに関して、シマンテック ノートン事業統括本部 マーケティング部 部長の古谷尋氏は「タブレットは自宅にあり、Androidはロックをかけない設定が(容易に)できるのでしていない」と推定。一方、10代後半の男女では80%以上がロックを行っており「家族にも自分の端末を見られたくない」と言う意識を理由に挙げていた。

○使っているパスワードの種類は?

パスワードは平均で4.2種類が使用されているが、"パスワードは1種類だけ"というユーザーも12%存在。設定するたびに違うパスワードを考えるというユーザーは、全体の10%未満(複数パスワードを使うユーザーの11%)に過ぎないという。

さらに、パスワード(の一部)に自分自身の情報(名前、ニックネーム、誕生日)や家族や恋人の誕生日や名前を使うユーザーが多く、特に10代後半の女性は自分の名前や誕生日以外に、好きなタレントの名前を使うケースが多く見られた。これはその人の個人情報を知ることによって、パスワードをある程度類推される原因になると言えるだろう。

このような調査結果からノートンでは、「すべてのサイトで複雑なパスワードを個別に使用し、定期的に変更する」「忘れたり入力ミスの防止のため、管理ツールを使う」ことをアドバイスしている。

●iOS向けに大幅な機能強化を実施
前頁のような調査結果から、ノートンではパスワードに対する新たなセキュリティーツールの必要性を感じたという。特に日本ではiPhone/iPadなどのiOSユーザー率が高いため、iOS向けの機能を強化する必要があると判断。米国本社に強いリクエストを出すことによって、iOS向けの新機能を日本先行リリースすることになった。

ノートン モバイルセキュリティは4月20日からiOS向けの大幅な機能強化を行う。

強化点は主に3つあり、クラウド上に暗号化されたデータ保管庫を用意し、ここにログインIDやパスワード、電子メール、住所、クレジットカード情報などを保管。ログインIDやパスワードに関しては、専用ブラウザを使うことで対応サイトでの自動入力に対応した。またSafariを使用している場合でも、データ保管庫の情報を自動入力できる。

●怪しいサイトをチェック、危険な場合は警告も
また、セーフブラウザではフィッシングサイトなどのチェックが行える。ノートンでチェック済みの安全なサイトや、ノートンシールの付いたサイトのほか、注意が必要なサイト、ノートンがチェックしていないサイトなど4段階で評価。問題のありそうなサイトの場合は、事前に真っ赤な警告画面を表示するようになっている。

パスワード生成機能も搭載。4〜64文字のパスワードを、大文字小文字混在、数字混在、記号混在といった細かい条件付けを設定し、生成可能だ。作成したパスワードは、コピーしてWebブラウザにペーストすることで、複雑で第三者が覚えられないようなパスワードを使うことができる。

シマンテックでは、あわせてモバイルユーザーに対する啓蒙活動を2つ開始する。ひとつは、モバイルリスクを漫画を使ってわかりやすく解説する小冊子「セキュリティのないスマホからの個人情報の流出気づいている?」を店頭等で配布すること。この小冊子は、サイトからのPDFダウンロードも行える。

もうひとつはノートンのブランドキャラクター「ドラえもん」を起用した「1分間セキュリティ診断 モバイル編」で、こちらはユーザーのセキュリティ理解度を診断するテスト。〇×式の4問の質問に回答するとドラえもんのキャラクターと共に診断結果が表示されるようになっている。

(小林哲雄)