写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●異例の試みに挑んだフジ
改編期の楽しみと言えば、各局で放送される"番組祭り"特番。この期間には各番組の長時間特番が放送されるが、人気番組と新番組の出演者が一堂に会するのはこれだけであり、スター同士の「夢の共演」も見られる。まさに、局の総力を結集した"テレビの華"と言える番組だ。

かつては、「番組対抗クイズ」が定番だったが、近年は多様化し、新たなスタイルが定着する局もあれば、まだまだ模索が続く局も。そんな"番組祭り"特番のあるべき姿を、コラムニストの木村隆志氏が提言する。

○看板番組ベースでファン視聴見込む

現在継続されている番組祭り特番の象徴は、1991年から25年半・52回の放送実績を持つTBSの『オールスター感謝祭』。百数十人もの芸能人がクイズに挑むスタイルと、「赤坂5丁目ミニマラソン」などのコーナーで構成され、春秋の風物詩として人気を集めてきた。

しかし、近年は出演者が減り、クイズコーナーも縮小するなどのスケールダウンが見られるなど低迷気味で、かつては視聴率30%を超えた人気番組も、今年4月8日の放送は11.0%に終わった。

他局に目を向けると、日本テレビは2日に『日テレ系人気番組No.1決定戦2017年春』を放送し、視聴率16.8%を記録した。この特番は、看板番組の『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』『しゃべくり007』をベースにした4部構成で、2013年から9回にわたって放送されている。

番組構成は『オールスター感謝祭』のようなクイズ形式ではなく、グルメプレゼン、爆笑映像集、エピソードやゲーム対決などの多彩な対抗戦。看板番組をベースにしているためファンの視聴が見込める上に、リレーで見せるだけに飽きられにくい。バラエティが好調な日テレの強みを生かした番組祭り特番と言える。

○土曜深夜番組ベースで新たな形

一方、フジテレビは今春、大胆なトライを見せた。14日に放送された番組祭り特番のベースになったのは、何と『さんまのお笑い向上委員会』。同番組は土曜深夜の放送で、ゴールデンタイム進出は初めて。さらに、TBSのようなクイズ形式でも、日テレのような看板番組のリレーでないことからも、異例の試みであるのは間違いない。

番組構成は、『さんまの番組向上委員会』と称して、「明石家さんまをはじめとする芸人軍団が各番組の問題を笑いで解決していく」というもの。堀内健が小栗旬にギャグをムチャ振りし、上川隆也と高嶋政宏が新人漫才師コンビ扱いされるなど、「俳優たちをイジリながら番宣する」という新たな形が見られた。

残念ながら視聴率は7.7%にとどまり、賛否の声はあれど、負担が大きくなるのを承知で俳優たちに理解を求め、視聴者を喜ばせようと挑む姿勢は、もっと評価されていいのではないか。

●『いいとも!グランドフィナーレ』的スペシャル感があれば…
○番宣優先でファンサービスが置き去りに

番組祭り特番と言えば、かつては『オールスター感謝祭』のようなクイズ形式が主流だったが、今春は日テレの人気番組リレー、フジのトークショーと三者三様。なかでも、日テレが最もウケているが、視聴率が好調で各番組にファンが多いのだから当然と言える。つまり、今の日テレなら、相当的外れな番組祭り特番を放送しない限り、一定以上の成功を収められるだろう。

一方、TBSとフジは現代の視聴者に向けて、どんな形を模索していくべきなのだろうか。

まず「なぜ番組祭り特番を放送するのか?」という原点に立ち返りたい。そもそも番組祭り特番の主な目的は、"ファンサービス"と"新番組の番宣"の2点だった。かつては視聴者に、人気番組の出演者が共演するワクワク感や、対抗戦で好きな番組を応援する楽しみを与えていたが、最近は視聴率の低下や予算減でスケールダウン。新番組の番宣が全面に押し出されたものとなり、ファンサービスの割合が減っている。

やや厳しい見方になるが、「新番組の番宣番組をしているだけで、本物の番組祭り特番が行われていない」のではないか。たとえばフジは、『ホンマでっか!?TV』の明石家さんま、『とんねるずのみなさんのおかげでした』のとんねるず、『ダウンタウンなう』のダウンタウン、『痛快TVスカッとジャパン』の内村光良、『めちゃ×2イケてるッ!』のナインティナイン、『ネプリーグ』のネプチューンが集い、番組対抗戦を行えば、おのずとファンサービスとなり、視聴率を集められるだろう。言わば、『笑っていいとも!グランドフィナーレ』のようなスペシャル感を醸し出せるのだが、それが実現できないところに現在のテレビが抱える問題がある。

○お祭り風ではなく"本物のお祭りさわぎ"を

現代の視聴者は、「愛着のない新番組の番宣を押し付けられたくない」という気持ちが強い。特にドラマの番宣は、朝から夕方の情報番組から夜のバラエティ番組まで、多くの番組で行われるだけに「お腹いっぱい」の心境なのだ。

それだけに番組祭り特番は、「既存番組のファンサービス第一」というスタンスが重要であり、「新番組の番宣はメイン企画から外す」くらいの英断が求められているのではないか。ビジネスの香りが漂う"お祭り風"ではなく、本物の"お祭りさわぎ"を見たいと思っている視聴者は少なくない気がする。

最後にふれておきたいのは、テレビマンが最も頭の痛い話。番組祭り特番に陰りが見られるようになった最大の理由は、「視聴者が愛着を持つ番組が少なくなった」からだろう。魅力を感じる番組が少なければ、番組祭り特番を見ようと思えないのは当然。日々のレギュラー放送で「いかに魅力を感じさせ、ファンを獲得していくか」、その重要性をあらためて考えさせられる。

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20〜25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などに出演。取材歴2,000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

(木村隆志)