写真は「ARROW/アロー」シーズン1より
 - CW Television Network / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 米テレビドラマ「ARROW/アロー」の第5シーズンから登場した2人のヴィジランテ(自警団員)が、第6シーズンからレギュラーになるとTVLineなどが報じた。

 一人目はチームアローの新メンバー、レネ・ラミレズ/ワイルド・ドッグを演じるリック・ゴンザレス。もう一人はグリーン・アロー(スティーヴン・アメル)を追う刑事から新ブラックキャナリーとなったダイナ・ドレイクを演じるジュリアナ・ハーカヴィ。

 第6シーズンでは、自信過剰なところがあるワイルド・ドッグとグリーン・アローがより深い絆へと発展するほか、ブラック・サイレン役でケイティ・キャシディがレギュラーに復帰することもあり、彼女とブラックキャナリーの関係がどう描かれるかも気になる。

 リックはこれまで「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」「REAPER デビルバスター」などに出演。ジュリアナは「コンスタンティン」「ウォーキング・デッド」などで知られる。(澤田理沙)