左からてらそままさき、関俊彦、遊佐浩二、鈴村健一
 - (C) 石森プロ・東映

写真拡大

 「仮面ライダー電王 Blu-ray BOX3」(9月13日発売)の新規映像特典として、劇中に登場する怪人・イマジンの声優を務めた関俊彦(モモタロス役)、遊佐浩二(ウラタロス役)、てらそままさき(キンタロス役)、鈴村健一(リュウタロス役)の座談会が収録されることが明らかになった。

 今年でテレビシリーズの放送開始から10周年を迎えた「仮面ライダー電王」。主演を務め、いまでは若手実力派の一人として数えられる俳優・佐藤健の表現力や、時をかける列車を用いた“タイムリープ”モノ要素などで人気に火が付き、10年経ったいまなお根強い支持を受ける同作。忘れてはならないのが、佐藤演じる主人公・良太郎の相棒的存在になっていくイマジンたちの声優陣だ。関、遊佐、てらそま、鈴村という人気声優がボイスキャストに名を連ねたことは「仮面ライダー」ファンのすそのを広げる契機になったとも言われている。

 座談会での再会に4人は「こういう形で4人が集まって話ができることはとても幸せなこと。応援してくれるファンの方がいて、そのエネルギーが10年経っても途切れることがない、そういう作品なんだなと改めて思いました(関)」「10年経っても、皆からいろんな話が出てくるということは、同じ思い出を共有しているんだと実感しましたし、皆の愛情を改めて感じました。1年間収録していた時のまま話している感覚でした(遊佐)」「当時は1人1人必死だった。それが『電王』という良い作品になったんじゃないかな。10年経っても楽しかった思い出しかないですね(てらそま)」「10年経ったことが自分の中でピンと来てなかったけど、ますますピンと来なくなりましたね。戻ってしまった気分(笑)。取材とかで皆さんと話す機会が多かった作品でしたけど、皆で話す感じがすごく好きだったので、またそれが今日できたこと、こういう機会を作っていただけたことに感謝しています(鈴村)」とそれぞれ感慨深い様子。

 また、鈴村は「10年前ということを感じさせないくらいクオリティーの高い作品」と「電王」を紹介し、「いまの仮面ライダーを見て“好きだ”と思っている人で、過去の仮面ライダーを見てみようと思った時に、きっと『電王』はいろんな人におすすめされると思います」と色あせない魅力をアピールした。(編集部・小山美咲)

「仮面ライダー電王 Blu-ray BOX3」は9月13日発売 1万9,800円+税