木村拓哉さんの神対応&共演時の心構えが明かされました!

それは19日に都内で行われた映画『無限の住人』完成披露試写会でのこと。木村さん、杉咲花さん、福士蒼汰さん、市原隼人さん、戸田恵梨香さん、満島真之介さん、三池崇史監督が登壇しました。

本作は木村さんにとって、SMAP解散後初の主演映画。初共演の杉咲さんは木村さんと行った全国規模のPR活動を振り返り「劇場に入りきらないお客さんがいることを聞きつけた木村さんが“少しでもいいのご挨拶をしたい”と急遽挨拶の場を設けられた」とあぶれたファンへの神対応を証言。「自分のことだけではなく相手の事を思いやる姿を拝見して、凄いなと思いました」と尊敬の眼差しでした。

満島さんは「心得その1、木村拓哉さんの懐に素早く入る。心得その2、撮影所の食堂で木村拓哉さんと一緒に写真を撮る」と木村さんとの共演時の心得を紹介。そのすべては撮影初日の段階でクリアしたといい「木村さんの写真を待ち受け画面にして撮影に臨んでいました。カッコいいですもんね、ハンパじゃない」と同性ながらも惚れ惚れしていました。

一方、役にストイック過ぎて面白い存在と化している市原さんは、自身が演じた役柄について「生身の人間以上に動物臭いような感覚。ハイエナのような人間」と分析すると「毎日のようにハイエナが生きている動物を捕食する動画を見ながら、撮影現場では“万次〜!(木村さんの役名)”と叫んでボルテージを上げながらやっていました」と告白。尋常ならざる熱量に会場がサ〜と引き出すと、木村さんは「いいですね、この会場全員が引く感じ!」と、すかさず笑いに変える神対応でした。