糖質オフが鍵。飲んだ翌日もタフに過ごせるお酒&おつまみ #ポジティブ栄養学

写真拡大

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。歓迎会シーズンまっただ中、今回は、ストレス解消につきものの、お酒の席と摂りたい栄養について。
ビタミンB群を節約&チャージ
お酒のお誘いが多いシーズン。みんなでお酒を飲んで日ごろのうっぷんを解消、なんてことも多いかもしれません。
お酒をたくさん飲むと、アルコールを身体の外に出すため、多くの栄養素が消費されていきます。なかでも気になるのがビタミンB群。アルコール代謝のほか、疲労回復をスムーズにしたり、心の安定を左右する神経伝達物質づくりにも関わっているため、足りなくなると身体はもちろん、心もグッタリ。元気まで目減りしてしまうことに......。でもご心配なく。お酒の席でメニューの選び方をちょっと変えるだけで、栄養素のムダ使いを節約したり、チャージすることもできるんです。
糖質オフを意識。おつまみでビタミンB群補給を
まずお酒については、糖質が少なめな焼酎や赤ワイン、ウイスキーなどをセレクト。日本酒やビール、甘いサワーなどは糖質が多く、ビタミンB群を必要とするため、栄養素のムダ使いにつながってしまうのです。ちなみに私がよく注文するのは、生レモンハイなど、フレッシュフルーツを使ったサワー。糖質が少なめなお酒は意外にいろいろあるので、探すのも楽しそう。
おつまみをオーダーするなら、肉や魚類、豆腐、枝豆といったものをチョイス。これらはビタミンB群が多く、神経伝達物質を体内で作る際にベースとなるタンパク質がとれるのにも注目したいところです。メインのおつまみをしっかり食べることで、シメのご飯やスイーツも、一口で満足できます。
みんなでワイワイ騒げば、心もスッキリ。一緒に栄養もチャージして、ストレスフルなこの時期を、タフに乗り切っていきましょう!
ポジティブ栄養学をもっと読む>>
image via Shutterstock