カンボジアの首都プノンペンの動画商品の販売店(2000年8月25日撮影、資料写真)。 (c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】カンボジアの警察当局は19日、10代の少年らに1〜4ドル(約100〜400円)を渡し、少年らの性的な写真を数千枚撮影していたとして、オランダ国籍の男を逮捕したと発表した。

 当局によると、53歳の容疑者の男は18日にシエムレアプ(Siem Reap)州で逮捕され、その際自身のiPad(アイパッド)やデジタルカメラに11歳から15歳の少年らの裸の画像を保存していたという。

 人身売買の取り締まりを担当する州警察当局の幹部は、男が所有していた裸の少年の画像数千枚を警官が発見したと明かし、「今の段階では少年20人の存在が明らかになっているが、被害者の数はさらに増える可能性がある」との見方を示した。

 2011年以降、頻繁にカンボジアを旅行で訪れていた容疑者は、20日に裁判所に出廷する予定。もし有罪となると「児童ポルノ製造の罪で7〜15年の禁錮刑を受ける可能性がある」という。

 慈善団体「子どものための活動(APLE)」によると、男は少年らについてくるように言い、人けのない場所へと誘い込んだ後、わいせつな姿勢を取るよう求めていたという。
【翻訳編集】AFPBB News