ブラックミュージックや文化を熱く語った久保田利伸

写真拡大

 「華麗なるギャツビー」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が手がけるNetflixオリジナルドラマ「ゲットダウン」パート2の配信開始を記念し、4月19日都内でトークイベントが行われ、歌手の久保田利伸が、ドラマの見どころや描かれている音楽、文化について語った。

 同ドラマの大ファンだという久保田は、この日のイベントのために活動の拠点を置くニューヨークから一時帰国。「タイトルもよいし、オールドスクールのファンクやソウル、ヒップホップのグラフィティ、ブレイクダンスなど僕の好きなものばっかり」とドラマが描く音楽や文化を熱っぽく語る。そして、「知識として知っていることが、リアルタイムに僕がそこにいるようで興奮する。音楽だけではなくて、青春と大人のドロドロした恋愛もあって、ラブストーリーとしても楽しめる」と見どころを挙げた。

 また、この日のイベントのためにニューヨークで撮影された写真を披露。アップタウンと呼ばれる地域に描かれた80年代のグラフィティを紹介し、「ニューヨークに行っていろんなものを見る楽しみの一つ。散歩していても期待していない場所に描かれているので飽きない」とコメント。そのほか、ハーレムと呼ばれる危険な地域でのエピソードや名物音楽番組「ソウルトレイン」出演時の思い出、現地でのミュージシャンたちとの交流について話した。

 ドラマは、1970年代の米ニューヨークの貧困地区サウス・ブロンクスを舞台に、音楽やダンスで自己表現しようと模索する5人のティーンエイジャーの目線から、ヒップホップミュージック誕生の瞬間を描く。「ゲットダウン」パート2はNetflixで配信中。