出典:https://www.shutterstock.com

春から好きな人と遠距離になっている女性もいるのでは。最近は出会いサービスも充実しているので、ネットをきっかけに、遠距離恋愛にいたったカップルもいるかもしれませんね。

でも、遠距離と聞くと、破局してしまうイメージが付いて離れないもの。ただ、すでに付き合っている関係なら、距離が離れていても続くか続かないかは、意外と意識の差だけかもしれません。

今回は、遠距離恋愛を実らせるコツをまとめてみましたのでご紹介します。

 

■「遠距離だから」と気負わない

遠距離は、気軽に相手と会えないのがネックです。そのため、彼からの連絡が減ったり、リアルタイムにやり取りができなくなってくると、「ほかに好きな人ができたんじゃ……」と不安になってしまうのでは?

遠距離がうまく行きづらいのは、まさにこうした不安に陥ってしまうからです。でも、頑張れば頑張るほど、遠距離というのはお互いに関係を続けるのが疲れてしまいます。大事なのは、距離に気負い過ぎないことです。

彼のことで頭がいっぱいになり過ぎないように、仕事、プライベートを充実させましょう。遠距離をきっかけに自立心を高め、一回りも二回りも成長できれば、距離が離れていても、彼は変わらずあなたに魅力を感じると思います。

 

■会いたい時は「会いたい」と素直に言う

当然ながら、遠距離中は相手の顔が見えません。そうなると気になるのが、お互いがいま何を考えて、どういう状況になっているのか、では? 近距離ならデートをすればお互いの調子が分かりますが、遠距離となると難しいですよね。

だからといって、グルグルと相手のことで悩んでしまうのは、お互いのためにもよくありません。そこで彼に会いたくなったら、素直に「会いたい」と言いましょう。

彼への気持ちが高まったら「好き!」「◯◯、格好いいねえ」と、駆け引きをせず口にしたほうが、ふたりの関係は遠距離でも深まりやすいです。ストレートに自分の気持ちが伝えられるのは、遠距離恋愛ならでは。そんな風に前向きに恋愛できるといいかもしれませんね。

 

■ネガティブ発言はしない

恋愛は、「しんどい」「辛い」というマイナスの感情が芽生えてしまうと、関係を続けることが難しくなってしまいます。遠距離も同じです。それを避けるには、なるべくネガティブ発言はしないことです。

もし彼との関係で不安になってしまったら、彼に気持ちをぶつけるのではなく、自分の気持ちを変えましょう。友達と遊んで発散したり、仕事に精を出したり。彼との遠距離恋愛を楽しいものにできるよう、うまくハンドルの方向を変えられるといいですね。

そのためには、彼とゲームをしたり、旅行時の写真を共有したり、仕事やプライベートの悩みを打ち明けたりと、ふたりの気持ちが一致するようなやり取りが日頃からできるといいと思います。

 

「遠距離は難しい」というイメージにとらわれないことが大事です。どうしたら、ふたりが仲良く楽しく恋愛できるのか考えましょう。遠距離でも関係が深まっていけば、次のステップへと話が進んでいくはずですから。

【画像】

※ maxbelchenko/shutterstock