「マガポート記事サービス」提供イメージ

株式会社電通は、同社が運営する電子雑誌業務支援システム「Magaport」(マガポート)内の新サービスとして、雑誌の誌面PDFデータをマイクロコンテンツに自動変換し、配信する「マガポート記事サービス」を提供開始した。同サービスは、紙の雑誌を想定して作られた誌面PDFデータを、テキストや画像単位のマイクロコンテンツに自動変換し、企業のオウンドメディアやニュースサイト、電子書店などへの配信が可能となるサービス。

「Magaport」の運営で協業する株式会社富士山マガジンサービスが開発したマイクロコンテンツ生成・管理システム「fujisan 記事抽出システム」を独占的に活用することで実現したもので、富士山マガジンサービスのAI技術を導入することにより、記事データを各種電子媒体で広く扱えるデータ形式に自動変換することが可能となった。

「Magaport」を利用して電子雑誌を発行する出版各社は、同サービスを追加利用することにより、誌面PDFデータを入稿するだけで、テキストや画像、文字サイズ、色、レイアウトなどをマイクロコンテンツ化することができる。発表資料
URL:http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0419-009275.html
2017/04/19