先頃発表され、近く発売となるSamsungのフラッグシップモデルGALAXY S8/S8+ですが、分解した結果、バッテリー発火問題多発でリコールとなったGalaxy Note 7と同じバッテリーを搭載していることが判明しました。

Galaxy Note 7と同じバッテリーを搭載

Apple製品を含むさまざまな家電製品の分解で知られるiFixitが、Galaxy S8+を分解、レポートを公開しました。レポートから、Galaxy S8+は、発火問題の多発で世界規模のリコール、販売中止となったGalaxy Note 7と同じバッテリーを搭載していることがわかりました。
 
Samsungは爆発事故原因の調査を行い、原因は「バッテリー」だったと結論づけています。
 
iFixitによれば、Galaxy S8+のバッテリーは、容量、電圧、そしてデザインまでもがNote 7のバッテリーとそっくりで、しかも今回分解したモデルが搭載していたバッテリーは、一部のNote 7のバッテリーと同じメーカーが製造したものでした。

設計もNote 7とうり二つ

しかもさらに驚くのは、「バッテリーの周辺設計--インストールされた位置、空きスペース、補強設計までもが、Note 7とうり二つ」とiFixitが報告していることです。さらにS8+のバッテリーもNote 7同様に、背面パネルにのり付けされていました。iFixitはこの構造では、バッテリーの交換は可能だが難しいとしています。
 
もちろん、だからといって、Galaxy S8+のバッテリーが爆発するという意味ではありません。しかし、Samsungが爆発事故はバッテリーが原因と発表する前は、無理な設計が原因ではないかという指摘もあっただけに、ほぼ同じ設計というのもちょっと不思議です。もしかしたら違いがあるのかもしれませんが、少なくともiFixitはその差を見つけることはできませんでした。
 
Galaxy S8/S8+のバッテリーについては、村田製作所のものを採用するという噂もありましたが、少なくとも今回分解したモデルは、Samsung SDIのバッテリーを搭載していました。
 
 
Source:iFixit via BGR
(lunatic)