話が伝わるかどうかは語学スキルや言葉ではない 超大事な「話し方」の磨き方

写真拡大

私事だが、先日アメリカに単身旅行をしてきた。海外に一人で行くのは初めてではないし、語学は苦手だが英語圏だしまあ大丈夫だろうという軽い気持ちで現地に降り立ったのだが、まったく自分の英語が伝わらない。

「あれ、おっかしいなあ。前は結構通じたはずなんだけど」と思っているうちに自信喪失。
あまりにもコミュニケーションができないので、現地の日本人に助けてもらおうと、日本人スタッフがいる店に入って、日本語で質問をした。

「すみません、〇〇っておいてありますか?」
「なんですか?」

日本語すらも通じなかった。確かにそうだ、普段でも質問をして聞き返されることがある。

そのときようやく気づいたのだ。
伝わらないのは、英語や日本語が問題なのではなく、自分の話し方に問題があったということを。

小さい声でゴニョゴニョ言っても、伝わるはずはない。
というわけで大きな声ではっきりと話すようにしたところ、日本語だけではなく英語も伝わるようになり、これで注文が満足にできようになった。

■3つのポイントで「話し方」を変えよう

どんなに良い言葉を語ろうとも、話し方が悪かったせいでまったく伝わらなかった。逆にどんなに拙い言葉遣いであっても、話し方によっては説得力を持たせることができる。

「話し方」とは「表現力」である

『あなたの人生を100%変える話し方』(彩雲出版刊)の著者であり、話し方講師の菱田さつきさんはこう述べる。

こんなデータがある。アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの実験によれば、会っている相手に対する判断基準は、外見が55%、声(音声)が38%、そして言葉が7%だった。

声とは、声の高低や大小、強弱、スピードやイントネーション、発音、滑舌といったものだ。つまり、実際に面会して話す際には、どんな言葉を並べたかはあまり意味がなく、どのように話したかということに比重が置かれるのだ。

しかし、いきなり「話し方を変えなさい」と言っても、難しいだろう。そこで菱田さんは以下の3つのポイントを抑えれば、表現力は豊かになると教えてくれる。

1、音程…高い音と低い音の変化
2、間(ま)…話のリズムの変化
3、テンポ…話すスピードの変化


この3つを意識すると、棒読みになることを防ぐことができるようになり、その場に応じた話し方ができるようになる。

■実践! 話し方にちょっと変化をつけてみよう

では、ちょっと実践してみよう。

例えば、「わあ、かわいい」という言葉。これをいろいろな話し方で話してみるのだ。
恥ずかしがってはいけない。これは練習だ。ただし周囲に人がいないところで試してみるといい。

実際に意識して変化をつけて話してみると、驚くほど違うことが分かるはずだ。

1)「わあ」をゆっくり話して、「かわいい」を速く話す
→「わあ〜、かわいい」


2)「わあ」を速くして、「かわいい」をゆっくり話す
→「わあ、か〜わ〜い〜い〜」


3)今度は間を取って話す
→「わあ、…かわいい」


4)テンポをゆっくりめにして話す
→「わあ〜、か〜わ〜い〜い〜」


実際に声に出してみると、違いがよくわかる。
例えば、2)はちょっとギャルっぽい話し方に聞こえるかもしれない。3)は間が入ることによって、「言葉にできない感情を言葉にしている」と思わせるようなイメージを与えられるだろう。

こうした表現の技術を駆使するとともに表情を組み合わせることで、相手に与える印象は劇的に変化するのだ。



もし、あなたが発言してもなかなか受け入れてもらえなかったり、なぜか相手がノッてこないときは、話し方に問題がある可能性が高い。そうならば、あなたが持っている素敵なアイデアやエピソードもすべて台無しだ。

菱田さんの『あなたの人生を100%変える話し方』はそんな迷っている人たちに対して、話し方の奥義を伝授してくれる。
新社会人から経営者まで、幅広くしゃべるのが苦手な人に参考にしてほしい一冊である。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

成功と幸せを一気に手繰り寄せるたったひとつの「學問」とは?
インテルジャパン元社長がリーダーシップの本質に気づいた「ある経験談」