20歳の新鋭・星野陸也 国内2戦目はどんなプレーを見せる?(撮影:小路友博)

写真拡大

<パナソニックオープン 事前情報◇19日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>
先週の「東建ホームメイトカップ」初日には首位発進を決めるも、2日目からショットが乱れ最終的には29位タイでフィニッシュした星野陸也。先週は体の「回転が上手くいかなかった」ことが順位を落とした原因だと自己分析した。
【どこよりも早いスイング解説】星野陸也の飛ばしの秘密は切り返しの“間”
今週は月曜日には整体に行き、体を整えると昨日は「筋肉を柔らかくしようと思いついて」プールに行って40分泳いで体をほぐしたという。また、「スイングも見直して」状態は良くなってきているそうだ。
このコースは大学時代に大会などで「20回ぐらいラウンドした」という勝手知ったるコース。アジアとの共催試合で海外の選手も多く、結果を残した「シンガポール、ミャンマーに戻ったみたいで楽しい」と笑顔を見せた。
「力まずにやりたい。周りを気にせず、自分のゴルフを」。先週の初日でさらに注目度は上がった。多くの期待を受ける20歳の新鋭、雑音を入れず目の前のプレーに集中するのみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【独占インタビュー #3】星野陸也、強みは300ヤード超えのティショット
オーストラリアの巨漢、トッド・シノットが逆転V!日本ツアーにも来襲予定
ベテランの対応力の勝利 若手よ、もっと泥臭いゴルフを!【ツアーの深層】
星野陸也、国内開幕戦は丸山茂樹の元相棒がキャディに
ツアープロが使用し始めた、超ソフトなボールとは?