人気スタイリストの入江未悠さんをのファッションアドバイス講座、第5回の相談は、電気メーカー勤務の上田美加子さん(仮名・29歳)から。

「会社帰り、お店のショーウィンドウに並ぶピンクに心惹かれています。ただ、あまり派手な色だと会社で目立ちすぎてしまうかなと心配……。仕事ができる女性として、大人っぽくピンクを着こなせればと思います。上手に選ぶコツを教えてください」。

さっそく入江さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

 ボトムにダスティピンクを投入

春色の代名詞のひとつ、ピンク。今春も各メーカーから様々なピンクが登場しています。
ピンクというと、淡いパステルピンクや、ピーチ航空のブランドカラーのような、強い華やかなピンクが気になるかもしれません。
もちろん、こういったピンクのアイテムもたくさんあります。ただ、オフィススタイルに取り入れると、甘く、かわいらしい印象に。大人っぽくピンクを着こなしたい、という気持ちからは少し遠くなってしまうかもしれません。

また、新しい色を取り入れるときには、いつものコーディネートに、バックや靴、アクセサリーなどの小物でプラスするのが基本なのですが、「そこ」だけ目立ちすぎて、唐突な印象を与えてしまうという場合も。

そこで、おすすめなのが、ダスティピンクをワイドパンツで取り入れる方法です。

パンツ2万7000円(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉)

ダスティとは、くすんだという意味で、グレー味が入った落ち着きのあるピンクのことを言います。黒・白・グレーといった定番カラーとの相性もよく、前シーズンから注目されているカラーのひとつなんです。手持ちのトップスとのNGは、ほぼないと思ってOKです。

ただ、ダスティピンクをオフィスコーディネートのトップスに取り入れるのは、ちょっと難しい。くすみがあるので、顔色を濁らせてしまうリスクがあるんです。

また、ダスティピンクは新しい色なので、オフィスの目上の方などには、そのニュアンス感を不思議に思う場合も(笑)。上半身にもってくると、デスクワークの間中、ずっと周囲の人の目に入ります。勇気を出してトップスで取り入れたのに、目立ってるかな……と気になって、居心地の悪さを感じてしまうのはもったいない。

そう考えると、“キレイ色をこっそり入れる”には、ボトムが最強、となるんです。

人気のワイドパンツを選んで一石二鳥に

ピンクの場合、スカートよりパンツで取り入れたほうが大人っぽく仕上がります。スカートは、それ自体がかわいい印象になるので、ピンクだとより甘くなるからです。その方程式は、今回おすすめするダスティピンクでも同様です。

また、ガウチョパンツの大ヒット以来、ワイドパンツの人気が続いています。ダスティピンクのワイドパンツなら、「春らしいピンクのアイテムがほしい」と「人気のワイドパンツを1本欲しい」のふたつの気持ちを一度に叶えられます。お財布にもやさしいですよ。

ワイドパンツを選ぶときには、タックの入ったものがおすすめです。

きちんと感がある、タック入りがおすすめ。

理由はふたつ。ひとつは、オフィススタイルらしいきちんと感が出せること。もうひとつは、タックが入ることで、ワイドパンツならではのボリュームがスソに出るのに、腰回りはスッキリ。スタイルよくみえるからです。

素材は、今回紹介したボトムのように、ほんのり光沢のあるものを。高級感があり、「大人のピンク」感がアップします。

丈は、フルレングスより少し短い九分丈がベスト。くるぶしが少し見えて、女らしいシルエットになりますし、今年ヒットしているヒールの低い靴でもバランスよく着こなせます。

ブラウス8900円(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) パンツ2万7000円(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) 靴1万2500円(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

コンパクトなトップスとのコーディネートなら、初心者さんでも簡単です。黒のほか、カーキ、ネイビーでもOK。基本的にオフィスの定番カラーの中で、ダスティピンクとの組み合わせカラーにNGはないと思って問題ありません。「手持ちのトップスをステキに格上げしてくれる」のがダスティピンクのボトムの優秀なポイントなのです。

ニット1万4000円(スタイルデパートメント〈プレット〉) パンツ2万7000円(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) 靴1万2500円(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) ベルト1万3000円(ジュエルチェンジズ 新宿店〈メゾン ボワネ〉)

ベルトマークすると、よりオフィススタイルらしい、きちんと感が増します。細いベルトを選ぶと、華奢で女っぽく仕上がりますよ。

協力/グランカスケードインク 03-5457-7551 ドローイング ナンバーズ 南青山店 03-6427-6940 ダイアナ 銀座本店 03-3573-4005 スタイルデパートメント03-5784-5430 ジュエル チェンジズ 新宿店03-5909-3641



■賢人のまとめ
オフィスで浮かないピンクでおすすめなのは、グレーがかったダスティピンク。人気続行中のワイドパンツからチョイスすると、今年らしい着こなしに幅ができますよ。

■プロフィール

ファッションの賢人 入江未悠

青山大学在学中にスカウトされ、読者モデルとして活躍。
小学館『CanCam』で、 ライター&スタイリストアシスタントとして編集業務に携わり、2003年にスタイリストとして独立。
大人の甘さを引き出すきれいめコーディネートに定評があり、現在は、『STORY』『Oggi』など数々のファッション誌で活躍している。
自身初の単行本『TOKYO LADY STYLE』が好評発売中の他、2013年より、アクセサリーブランド「Myu by phoebe」のデザインも手掛けている。