柳沢慎吾

写真拡大

18日深夜放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)で、俳優でタレントの柳沢慎吾が、かつて中居正広の実兄に会ったときのエピソードを披露した。

番組ではゲストの柳沢が、これまで出会った大物芸能人とのエピソードを次々に披露した。その中で柳沢は、かつて中居と中居の兄と一緒に食事をしたことを明かす。柳沢は中居の兄には1度しか会ったことがないそうだが、そのときの事を鮮明に覚えているのだとか。

柳沢は当時、ドラマ「味いちもんめ」(テレビ朝日系)の収録時に、共演者と食事に行く流れになり、中居も誘ったそう。そのとき、兄が来ているからと断った中居だったが、柳沢らがせっかくだからと中居の兄も誘い、中居が兄を連れて来ることになったという。

先に食事をしていた柳沢らがいる店に入ってきた中居の兄は「うちの正広がいつもお世話になっています」と挨拶。しかし、その出で立ちは「パンチパーマだった」とのことで、柳沢は剃り込みが入っているようなジェスチャーを交えて、その強面ぶりを表現していた。

そして食事中、中居の兄は「慎吾さん、うちの正広、生意気じゃないですか?」と質問したそう。その質問に柳沢は「スゴい良い子だよ。スタッフにも愛されてるし、出演者からも愛されてるし、最高だよ」と答えたのだとか。

しかし「そうですか…。もし生意気なことを言ったら…ブッ飛ばしてくださいよ」と真顔で言い放つ中居の兄の様子を再現すると、スタジオは大きな笑いが起きた。そして柳沢が「大丈夫だから」とフォローしたところで、中居の兄は帰っていったそうだが、このエピソードに司会の笑福亭鶴瓶は、言葉を失い苦笑を浮かべるのみだった。

【関連記事】
中居正広が柳沢慎吾を「スゴい」と褒める理由「ブームはないけどずっと第一線」
中居正広が今さら熱中している海外ドラマを明かす
笑福亭鶴瓶 喫茶店の分煙にクレーム「煙こっち来るやん!」