@AUTOCAR

写真拡大

MG GSとMG ZSの関係は?

MGのスモールSUV、MG ZSが上海モーターショーでプレミアされた。

MG GSの下位モデルとしてくわわるZSには、独自のデザインが与えられた。アングロ-チャイニーズとも表現できるこのメーカーは、ZSにジャガーのようなグリルを与え、マツダ風のヘッドライトでフロント・フェイスを仕立てた。目指す市場は、高い人気を誇る日産ジュークの牙城である。

スタイリングは、MGの姉妹会社であるSAIC(上海オートモーティブ・インダストリー・コーポレーション)が、中国とイギリスのデザイン・スタジオの原案をもとにして手掛けている。

Z世代を意識したMG ZS

中国のメディアによると、モデル名の「Z」はジェネレーションZを表し、若い世代に向けたモデルであることを伺わせる。

エンジンは、1.5ℓユニット(166ps、25.4kg-m)を搭載し、GSと共用するようだ。トランスミッションも、GSと同じ6速マニュアルまたは7速デュアル・クラッチを採用する見込みである。

なお、エンジン、ミッションともに製造はSAICで行われる。