“LEGOLAND® Japan”のオープンを記念して行われる

写真拡大

ゴールデンウィークはレゴで遊び倒そう。

【写真を見る】イベントは首都圏10施設のららぽーとで行われる

首都圏10施設のららぽーとは、今春に名古屋にオープンした日本初上陸のテーマパーク“LEGOLAND® Japan”とのタイアップイベント「レゴの春のフェスタ in ららぽーと」を、4月29日(祝・土)から5月7日(日)まで実施する。

“LEGOLAND® Japan”のオープンを記念して行われる同イベント。レゴ®ブロックラリーやレゴ®ブロックのワークショップなど、昔から幅広い年代から親しまれてきたレゴ®ブロックを使ったコンテンツが多数用意される。

対象のららぽーとはTOKYO-BAY、横浜、豊洲、新三郷、富士見、海老名、立川立飛、柏の葉、湘南平塚、磐田の10施設。全施設共通として、「レゴ®ブロックラリー」と「レゴ®ブロックワークショップ」、「レゴ®ブロック<ミニセット>プレゼント」が行われる。

「レゴ®ブロックラリー」では、館内のラリーポイントで集めたレゴ®ブロックを自由に組み立てオリジナルの“アヒル”をつくりあげることができる。各館1日につき1500セットが用意され、10時から18時まで行われる予定となっている。

「レゴ®ブロックワークショップ」はキッズクラブ会員限定のイベント。日本人初のレゴ®認定プロビルダーである三井淳平氏が考案した、こどもの日にちなんだレゴ®ブロックの兜をつくれる。期間中に各施設1日のみ実施で、1回30名限定で1日4回実施予定となっている。

「レゴ®ブロック<ミニセット>プレゼント」もキッズクラブ会員限定で、人気シリーズ「レゴ®シティ」などの<ミニセット>が、各館1日200セットプレゼント。全6種あり、10時から18時まで行われる予定となっている。

他にも、各施設オリジナルのコンテンツも実施。TOKYO-BAYでは巨大パークジオラマが登場し、TOKYO-BAYと新三郷、立川立飛、湘南平塚では無料でレゴ®ブロックが楽しめるプレイエリアも登場する。

今年のゴールデンウィークは、ますます注目が集まっているレゴ®ブロックで楽しんでみよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】