星空テラス限定カクテル「惑星カクテル」

写真拡大

京都センチュリーホテルは、2017年5月19日から屋外型チャペル「CHAPEL LEHUA(チャペル レフア)」前ガーデンにて、夏季限定「星空テラス〜Cafe&Bar〜」をオープンする。期間は、9月30日まで。

スピカ、アークトゥルス、アルビレオ......

ドリンクは、昨年好評だった、マーズ(火星)、ジュピター(木星)、ヴィーナス(金星)といった惑星をイメージした、「惑星カクテル」8種に加え、今年は期間限定で新カクテル「恒星&準惑星カクテル」が登場する。

5月19日〜6月30日は、青白く輝くおとめ座の1等星「スピカ」、7月1日〜31日は、オレンジ色に輝く赤色巨星「アークトゥルス」、8月1日〜31日は、金色と青色の二重星「アルビレオ」、9月1日〜30日は、準惑星である冥王星「プルート」とその衛星「カロン」をモチーフとしたカクテルが用意される。

星空テラスでは、天体望遠鏡等の光学機器メーカー「ビクセン」による、星を眺めるための星空観測ベッド「ソラリラ」や天体望遠鏡、双眼鏡を常設している。「星空テラス」のお客は、無料で利用できる。

ドリンクは700円〜、フードは500円〜。フリーフローは2900円〜。

時間は18時〜21時30分。

予約、詳細は公式サイトから。