写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士フイルムは4月19日、「チェキ」シリーズの新モデルとして、ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」を発表した。発売は5月19日。価格はオープンで、推定市場価格は税込31,800円前後。

instax SQUARE SQ10は、初めてデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載したモデル。自動露出調整、人物検出、オートフォーカス機能により暗い場所での明暗調整が可能。10cmの距離からの撮影も簡単に行える。

背面には撮影した画像を表示するLCDモニターを搭載。構図決めから画像の編集、加工、プリントまでの操作をモニターで確認しながら行える。上部には、フィルター機能、ビネット調整機能、明るさ調整機能をそれぞれ割り当てた3つのボタンを装備。また、気に入った画像だけを選択してプリントしたり、トリミング後の画像をプリントしたりといった機能も持つ。

10種類のフィルターに加え、画像の周辺部分の光量を19段階で調整するビネット、19段階の明るさ調整など、さまざまな画像編集・加工機能を搭載。シャッターを2回押し、1枚のフィルムに2つの画像を重ねる「二重露光」や、夜景の撮影に向いた「バルブ」など、特殊な撮影モードも搭載する。

本体はシャッターボタンを2カ所に配置した左右対称のデザインを採用。左手でもシャッターボタンを押しやすくなっている。フル充電時の撮影可能枚数は約160枚。サイズはW119×D47×H127mm、重量は450g。

フィルムはスクエアフォーマットの「instax SQUARE Film」(推定市場価格: 税込1,350円前後)に対応。フィルムサイズは86×72mmで、画面サイズは62mm×62mm。