「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に読売新聞、ananなど新たに22メディアが参画

写真拡大 (全2枚)

LINEは、同社が運営するニュースサービス「LINE NEWS」において、2017年4月18日より「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に新たに22メディアが参画したと発表した。

「LINE NEWS」では、メディア独自の視点・観点をメディア側に回帰させるとともに、ユーザーに多様な選択肢を提供することを目的に、2015年12月より、LINEの公式アカウントを使ったニュース配信機能を外部メディア向けに開放する「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を展開している。参画メディアは自社のLINEアカウントを開設し、各社独自の視点で厳選したニュース記事を、当該公式アカウントをフォローしているLINEユーザーに対してプッシュ配信することが可能だ。

サービス公開以降、全国紙や地方紙、通信社のほか、ファッション誌、ライフスタイル誌、人気WEBサイトなど全150メディア(自社9メディア含む)が参画しており、全メディアの累計購読者数(LINE友だち登録数)は、4月17日時点で6,100万人を突破しているとのこと。

本日より、新たに「読売新聞」、「anan web」、「いぬのきもち・ねこのきもちNEWS」など22メディアが追加となり、参画メディアは、計172メディア(自社9メディア含む)となった。ユーザーは参画メディアの中から自身の好みに合ったメディアを選択し、LINEアプリ上で無料購読することが可能だ。

■「LINE NEWS」キャンペーン

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・10周年限定キャラクター登場で「PASMOのミニロボット 探そう!キャンペーン」開催
・「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
・LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
・「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
・どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開