モナコ、熊本地震復興支援マッチを開催 くまモンが始球式に登場へ

写真拡大

 ロアッソ熊本は19日、モナコ(フランス1部リーグ)とパートナーシップ協定を締結する予定であることを発表。また、モナコが29日のリーグ・アン第35節トゥールーズ戦を「熊本地震復興支援マッチ」として開催することを伝えた。

 発表によると、熊本はモナコと積極的な相互協力を目的とした協定を締結する予定だという。育成分野におけるコーチや選手の指導に加え、サッカー事業に関する情報の共有および各種交流が行われるようだ。

 熊本地震復興支援マッチでは、スタジアムビジョンで熊本県のPR映像が流され、PRキャラクターであるくまモンが始球式に登場。モナコ公国のアルベール2世が来場し、熊本県の小野泰輔副知事との面会も予定されており、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長、熊本の池谷友良代表取締役も出席する。

 その他、モナコから熊本県へ義援金10万ユーロ(約1200万円)が贈呈されるなど、様々な形で復興支援が行われる。