@AUTOCAR

写真拡大

長いぶん重い ただ先代より軽い

新型5シリーズのロング・ホイールベース・モデルは中国限定の販売。基準車よりホイールベースが133mm長く、全長は5069mmに達する。

7シリーズの基準車と比べると、あと29mmのところまで延長されているわけだ。

BMWの中国のパートナーである「ブリリアンス」社と共同制作することで、先代よりも130kg軽くなっているという。

つまり1610kgほどになるのではないか、というのがおよその予想だ。

ただし、5シリーズの基準車は、スペックによって1540kg〜1660kgと重量の幅が大きい。このことも考慮するほうがよいだろう。

エンジンは計3種 組み立ては中国

防音にも力が注がれているとのこと。後部座席も電動調整できる。タッチスクリーンは後席の真ん中に置かれており、そこにストレージ・ボックスも備わるのだという。

エンジン・ラインナップは2.0ℓ4気筒が2種類、3.0ℓ6気筒が1種類となるのではないだろうかと予想される(これまでと同じ)。

組み立てる場所は中国の瀋陽(しんよう)市とこれも同じ。ここでは、X1のロング・ホイールベース版(中国専用車)も製作されている。