梅酒の品評会で日本一に輝いた3銘柄も飲み放題

写真拡大

東京駅前にある「ホテル龍名館東京」のダイニング「花ごよみ東京」では、2017年5月1日から、本場・和歌山の紀州南高梅で仕込んだ梅酒30銘柄を飲み放題できるイベント「梅酒BAR」を開催する。

期間は8月31日まで。

2時間制で2700円

梅酒は全て、和歌山の酒造大手「中野BC」社が手掛けたもの。梅酒の品評会で日本一に輝いた3銘柄(紅南高梅酒・緑茶梅酒・ハッサク梅酒)のほか、新作の世界初のエルダーフラワーを使った「ハーブ梅酒」や、ショウガで辛口に仕上げた甘くない梅酒など、多彩なラインナップだ。

熟成前で黄金色の「梅酒ヌーボー」と3年熟成のヴィンテージ梅酒の飲み比べも楽しめる。

アルコールが苦手な人には、ノンアルコールの梅酒テイスト飲料(3種)もあるのでおすすめだ。

梅酒が勢揃いする期間限定の「梅酒BAR」は、今年が5回目。昨年は4か月で約890人の梅酒ファンがかけつけた人気イベントだ。若いカップルや梅酒男子からも好評だという。

平日は17時30分〜22時、土日祝が17時30分〜21時。価格は2700円(2時間制)。

詳細は公式サイトから。