写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は5月12日、新設計の水冷DOHC・直列2気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売する。新設計のエンジンは最高出力38PSを発揮しながら、同時にWMTCモード26.7km/リットルの低燃費を実現している。

「CBR250RR」は250ccクラスのスーパースポーツモデルとして「CBR "RR"」シリーズの思想を共通の背景としながら、「直感、体感、新世代"RR"」を開発コンセプトにスタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計した。

エンジンはスロットルグリップの開度を機械式ではなく電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初めて採用。ショートストローク化による高回転時の耐久性と静粛性両立のため、クランクシャフト、コンロッド、バランサーシャフトの各軸受にメタルベアリングを採用した。3室構造としたマフラーの2室と3室それぞれから排気管を設けた「デュアルテールパイプ」仕様により、迫力あるエキゾーストサウンドとしている。

車体は鋼管トラス構造フレームを新設計。フロントに倒立タイプのサスペンション、リアに左右非対称形状のアルミ製スイングアームとプロリンクサスペンションを採用した。灯火器類は、独特な存在感のあるデュアルヘッドライトをはじめ、ウインカー、テールランプなどすべてに高輝度のLEDを採用している。

「CBR250RR」の価格は75万6,000〜82万8,360円(税込)。

(山津正明)