【詳細】他の写真はこちら

この球体がふわ〜っと空を飛びます。

ドローンといえば小さくてどこかオモチャっぽい。なんてイメージを覆すプロダクト『浮遊球体ドローンディスプレイ』がNTTドコモから発表されました! この球形ドローン、なんと全方位に映像を表示できるんです。ちなみに“全方位に映像を表示しながら飛行することができるドローン”は世界初なんだそう。

球体の中央に鎮座するのがドローン本体で、最外側に衝突防止用フレームが備え付けられています。ドローンと衝突防止用フレームの間には、LEDフレームが設置されており、このLEDフレームが高速で回転し、光の残像が映像として表示される仕組みなんだとか。『浮遊球体ドローンディスプレイ』は最大直径が約88cm、重量が3.4kg。ディスプレイ解像度は縦(半周)144ドット×横(全周)136ドットとなります。

将来はイベント演出や広告表示にも?





単に球形の表示装置というだけでなく、任意の場所へ飛行しながら移動できるのは、ドローンならでは。この特徴を活かし、コンサートやライブ会場での演出用、あるいは会場を飛び回るアドバルーン広告的な用途が考えられているんです。

『浮遊球体ドローンディスプレイ』は2018年度の商用化を目指して開発が進められており、2017年4月29日・30日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議 2017」では、「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」ブースに出展されるとのこと。会場内でのデモ飛行も予定されているそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



『浮遊球体ドローンディスプレイ』報道発表資料

関連記事



スマホと一体化する?「AirSelfie」でいつでもどこでもドローン自撮り

ジャパン・クオリティの高品質モーターで世界のドローンを変革! 〜日本電産の挑戦〜

ダンボール製ドローン『APSARA』が物流を変える? 米研究所が新提案