写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは19日、マイクロフォーサーズ規格の広角ズームレンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH.」(品番 : H-E08018)を発表した。5月25日の発売を予定しており、希望小売価格は税別158,000円。

焦点距離8〜18mm、35mm判換算で16〜36mm相当の広角ズームレンズ。開放F値はF2.8〜4.0で、ライカの厳しい光学基準をクリアし「ELMARIT (エルマリート)」の名を得ている。

レンズ構成は10群15枚で、非球面EDレンズ1枚、非球面レンズ3枚、EDレンズ2枚、UHRレンズ1枚などで構成。ズーム全域で画面周辺部まで優れた描写特性を発揮し、風景の撮影や日常のスナップ撮影など幅広いシーンで利用できる。ナノサーフェスコーティングにより、ゴーストやフレアも低減する。

最新の設計技術と制御技術により、AFサーチ時の画角変化を抑制。高速かつ高精度なAF動作と、ズームやパンニング時の滑らかなF値変化制御を実現し、4K動画撮影も快適に行えるという。

防塵・防滴、-10度の耐低温性能にも対応。カメラを構えたままフォーカスモードの変更ができる「AF・MF切換スイッチ」も装備している。

その他の仕様は下記の通り。

・フィルター径 : 67mm
・絞り形式 : 7枚羽根 円形虹彩絞り
・最短撮影距離 : 0.23m〜
・最大撮影倍率 : 0.12倍 (35mm判換算 0.24倍)
・最大径 : 73.4mm
・長さ : 約88mm
・重さ : 約315g (レンズフード、キャップ類を含まず)

(リアクション)