「マツコ&有吉 かりそめ天国」で議論を交わす(写真左から)有吉弘行、マツコ・デラックス/(C)テレビ朝日

写真拡大

4月から装いも新たにスタートした「マツコ&有吉 かりそめ天国」(毎週水曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)。4月19日(水)の放送では、マツコ・デラックスと有吉弘行がアンジャッシュ・渡部建の“あがり”についてや、久保田直子がアナウンサーが着用しているカラーコンタクトレンズについて激論を交わす。

【写真を見る】マツコ&有吉VS久保田アナ!!  35歳の女性が“カラコン”を装着するのはアリ?ナシ?/(C)テレビ朝日

同番組は、マツコと有吉が天国に暮らす天使のように穏やかな気持ちでトークを繰り広げる(!?)かりそめ幸福感バラエティー。

19日の放送では、番組がとあるテーマにまつわるアンケートをカンニング竹山、アンガールズ・田中卓志など、小規模な範囲で依頼。そんな中、渡部のみ回答が返って来なかったため、マツコと有吉は公私ともに絶好調の渡部の話で大盛り上がりに。

有吉は、「これ、渡部さんに怒られるわ〜」と言いながらも、マツコとともに渡部の現状について考察。果たしてふたりが考え出した、渡部のすごろくで言うところの“あがり”とは一体どんなものなのか? 

さらに、マツコと有吉はそれぞれにとっての“あがり”の仕事についても意見を出し合うが、マツコが思わず震えた芸能界的“あがり”とは…!?

また、ひょんなことから久保田アナがカラーコンタクトレンズを着用していることが発覚。すると、マツコと有吉は「なんだそれは」「35歳の女性アナがカラコンなんて!」と久保田アナを総攻撃。それでも、「裸は見せられても、“カラコン”は取れない」「“カラコン”を外した姿は誰にも見せたことがない!」と頑なな姿勢を貫く久保田アナは、「“カラコン”の目はうその目だ」と主張するマツコ、有吉と真っ向から対決構図になってしまう…! 

果たして、35歳女性アナウンサーの“カラコン”は、アリなのか、ナシなのか!? 3人がたどり着く、まさかの結論に注目しよう。